カードローンやキャッシングというのはどうしても審査という点で不安を持つ人も多いと思います。初めて借りる人にとっては用心しておくことに越したことは無いので、基本的なカードローンの審査項目や重要視されるポイントを覚えておくといいでしょう。

まずカードローンの申し込み時には各種の記入項目がありますが、その中でも審査で重要視されるのが職種と年収の二点でしょう。こちらは返済能力がどれだけあるのかという審査基準となるので最重要項目となり、一般的には公務員や正社員などは高い属性として審査にプラスに働きます。ですがこの職種に加えて年収の量や安定性というのも重要視されており、給与形態として安定している職種であるのならば審査的には不利にはなりません。いくら量を稼いでいても自営業やフリーランスなどの不安定な月収や年収の職業の場合には、審査で落ちてしまうことがよくあるという点には注意しておきましょう。これらの当時に審査の項目として参考にされるのが、個人の金融関係の情報であり、これらは信用情報機関に記録されています。一般的にはクレジットカードやカードローンの使用状況、各種料金や返済などの状況、債務整理などの有無などが審査でチェックされるのですが、こちらも返済能力がどれだけあるのかという点でチェックされるので、気を付けるようにしましょう。