カードローン審査で通過率を上げるにはいくつか気をつけることがあります。

・希望限度額は低めに申込む ・申込む際の年収や職業などは正確に申告する・同時に複数の金融会社に申込まないカードローン会社は、利用実績のない新規の申込者に対しては、最初から高い限度額設定をすることは基本的にありません。返済してくれるかどうかがもっとも重要なことなので、実績のない新規客への高額な貸付はリスクをともなうからです。そうした理由から、申込時の希望限度額は低く申告する方が審査はスムーズに進みます。

消費者金融では年収の3分の1以上の借入れはできないので、年収は正確に申告する必要があります。消費者金融では過去の利用者の審査データを蓄積しているので、ウソの年収などの情報を申告するとたいていはバレてしまいます。審査では在籍確認で職場に電話が入ることになるので職業のことも偽りなく申告しましょう。

複数の金融会社に続けて申込むようなことをすると、「お金に困っているとのでは」と思われて、審査では不利になります。申込みをしたことは信用情報機関に記録されることになるので、何度も審査落ちするようなことをすると申込みブラックとして扱われる可能性もあります。1度申込んでダメだった場合は3ヶ月から半年以上は期間を空けて申込むほうがいいでしょう。