カードローンやキャッシングの審査結果とは、一体何なのでしょうか。それについての一般的な解釈は、通れば借り入れができるけど、落ちれば借り入れはできないということになるでしょう。もちろん、それは概ね正しいと言えます。しかし、完璧ではありません。

正確に言うと、キャッシングの審査結果とは、申し込み手続きをした人に対して何円のお金を融資できるかということが決定することです。たとえば最大融資枠200万円のキャッシングがあって、大勢の人々が200万円の融資を希望して申し込み手続きをしたとします。そしてその結果、たった数人だけが200万円の融資を実際に受けられたとします。

この場合、200万円の融資を受けた数人だけが審査に通ったとは言えません。それ以外にも、200万円には満たなかったけれども融資を受けることができた人々は、いたと考えるのが普通です。その人たちもまた、審査には通ったのです。

ですから審査結果とは、単純に「通ったか通らなかったか」だけではないのです。そうではなくて、「融資額が何円だったか決定した」というのが、審査結果に対するより正しい解釈だと言えるのです。そのほうが正確かつ適切ではないでしょうか。

少し回りくどい言い方かもしれませんが、一般的に言われている審査落ちというのは、結局、「融資額は0円だった」ということなのです。