キャッシングなどで融資を受ける際に総量規制という言葉を耳にすることがありますが、この制度はキャッシング利用者の多重債務を防ぐために実施されているものでありますが、年収の3分の1までの融資しか受けられないために希望の限度額まで融資が受けられないということもあるのです。

もし総量規制で希望額が借り入れ出来ないという時には銀行のキャッシングサービスを活用することが非常に便利になってくるのです。銀行キャッシングサービスからの融資は、キャッシングといっても銀行融資ということになりますので、総量規制外の融資として利用することができるのです。

そのために年収の3分の1を超えてしまう融資であっても審査で落とされるという心配がなくなってくるのです。例えばおまとめローンとしてキャッシングを利用する際には、比較的高額な借入が必要となってくるものですが、銀行融資であれば総量規制によって審査に落ちることがありませんので非常に魅力を持っているのであります。

また、総量規制対象外の銀行のおまとめローンを使用することで、実質年率も低く設定されることが多くなっておりますので、借り入れた後の返済負担を軽減できるという点においても大きなメリットが感じられると思います。